最近の“会社案内”の作成事情
TEL : 048-650-8821 / FAX : 048-650-8820

最近の“会社案内”の作成事情

弊社は広告にて”会社案内”の作成を宣伝しているので作成実績が結構多いです。
そのような中、「人材募集用に作りたい」という方が非常に増えており、

  • 高卒の方たちに募集をかけるので、高校に持っていきたい
  • ハローワークに持っていきたい
  • 採用説明会で配りたい

このような用途で相談を受け、対応しています。

人材用会社案内を作成する前に、皆様にお伝えする要点は3つ

  1. 人材募集に特化した会社案内を作成しなくてはいけない
  2. 見る方の必要な情報がしっかり載っている
  3. 親御さんにも安心感を与える

このキーポイントを押さえて作成すれば、とてもわかりやすい会社案内になるかと思います。

現在、日本は深刻な少子高齢化です。若い働き手は、仕事を選べる立場にあります。

この方たちをくどき落とすのは、容易ではありません。私は営業での打ち合わせで、作成前に必ず上記の3つのポイントの詳細と具体例をお話しして、お客様と一緒に作戦を練っていきます。そこまでの秘策ではないのですが、このポイントを抑える事は絶対に大事だと思っています。

人材募集用の会社案内を作成したいと思った方、ぜひ直接お話をしながら進めていきましょう!ネットだけの印刷会社には、ノウハウで負けませんよ!!

のぼりの印刷方法の違い

弊社の「のぼり」の印刷方法は、シルク印刷とインクジェット印刷の2種類。

何が違うのかよく聞かれるので
車の若葉マークを印刷する場合を例えに簡単に説明させて頂きます。

若葉マークは、黒・黄・緑の三色でできています。

シルク印刷の場合は、黒・黄・緑の三色の刷版をつくって、
最初に黒、次に黄、最後に緑の順番で専用インクを刷り込んでいきます。

インクジェットの場合は、
一気に黒・黃・緑の色を噴きつけて印刷をします。
刷版は必要なく、セッティングさえできれば、一気に仕上がります。

それぞれのメリット・デメリットをまとめると

シルク印刷

  • 印刷の色数が少ない時や数量が多いときは料金が安い
  • 印刷の色数が多いときや数量が少ないと料金が高い
  • 色の再現性が高い(規定の色に近づけられる)
  • 綺麗に裏にまでインクが抜けて仕上がりが綺麗
  • 細かい柄やグラデーション、写真の再現は不可

インクジェット印刷

  • 1枚からすごく安く作れるので多品種少ロットにおすすめ
  • 量が多くても一枚料金が変わらないため、総額が高くなる
  • 細かい柄やグラデーション、写真の再現性が高い
  • 指定色があいにくい

日生企画WEB「のぼり」のページでは料金を重視した
数量ごとの安い方の印刷方法で価格表を載せています

日生企画WEB「のぼり」のページ https://nissei-kikaku.co.jp/other-printing/flag/

どちらの印刷をしたほうが良いのか悩んでしまった場合はぜひご相談ください。
お客様の作成したいのぼりのデザインを一番活かした最良な方法をご提案させて頂きます。

オリジナルののぼりを作成したい方、どうぞご連絡よろしくお願いします。

顔写真入りの名刺のすすめ

前回、顔写真入りの名刺を恥ずかしがらないで!と書きましたが、
恥ずかしがって入れていない方に本当に使用してもらいたいので、 どれくらいメリットがあるかを、実際に使用している私の実感を基に書かせて頂きます。

①顔を覚えてもらえる
当たりまえですが、ここがなんといっても営業の基本です。

②名刺ホルダーにしまっても探しやすい
これは皆様も業者様の名刺で実感していませんか?

③事前に資料などを送る際に名刺をいれておくと、初めて会ったときにあちらから声をかけてもらえる。
駅改札や喫茶店での待ち合わせで、電話もしないで、あちらから声をかけて貰えると楽ですよ。

④簡単な雑談になる
顔写真がはいっていると、皆、仲良くなろうと顔写真をいじってきます。アイスブレイクにはもってこいです。

以上4つですが、顔写真を入れるだけ、たったこれだけで、こんなにもメリットがあるなら顔写真入り名刺を使いたいと思いませんか?

まあなかなかやったことないことって躊躇はしますよね。
美容室で髪を切ったとか、新しいスーツを買ったなど、
どこか良きタイミングで、一回写真を撮ってみて、試してはいかがですか?

顔写真入りの名刺を恥ずかしがらないで!

私は営業の際、顔写真が入っている名刺を使用しています。
名刺交換すると、皆さん一様に「おっ!いいね。」「すごい目立っていいね」なんて誉めてくれます。私はその後すぐ「御社でも顔写真入れたらいかがですか?」と薦めると大抵のお客様は「俺はいいよ。恥ずかしいから」とか「俺は顔が悪いからやめとくよ」なんて笑って返事をされます。

そんな対応に私も笑って応えますが、いつも頭の中では、
顔を売るのが営業の仕事ではないのか?
会社名と名前だけ覚えてもらえればいいのか?
いや、漫才ではないけど「顔と名前だけでも覚えていってください。」が正しいよな。 なんて巡らせてしまいます。

内勤の方は写真をいれる必要は全くないですが、営業さんは恥ずかしがっていたらダメですよ。
ぜひこれを読んで頂いた方、会社の中の営業さんに真面目な顔で聞いてみてください。
「お前、名刺に顔写真いれてみるか?」って。
そのときの営業さんの返事が、そのままその営業さんのやる気につながっている気がしますけどね(笑)
皆様はどう思われますか?

大判マグネットシートプリント

マグネットシートプリントというと、どのような物を想像しますか?

良くポスティングされているカードサイズのマグネットが一番身近かと思います。

ただマグネットシートがそれだけというわけではありません。

大判サイズでのご用意も可能です。

例えばよく見るのが車に即席で社名を貼っている会社があります。

逆に社名を隠している営業者もありますよね笑。

更に大きいものですと鉄製のドアにポスターを貼るのではなくマグネットシートで貼る。

またホワイトボードの代わりにという事例もあります。

この場合はちょっと特殊なコーティングをさせていただきますが。

という具合に小さい物だけでなく大判マグネットシート印刷も可能ですので、

気軽にお問い合わせください。

もちろんデザイン制作からのご依頼も可能ですし、

データ入稿も可能です。


埼玉県 さいたま市 大宮区の広告・印刷
ポスター(大判出力)・ラミネート・のぼり旗
複写伝票・封筒印刷

株式会社日生企画
http://www.nissei-kikaku.co.jp

持ち込みのポスターをラミネートもOK!

データがあれば修正も可能! 気軽にご相談下さい。

まずはご連絡ください

紙印刷・その他印刷物・特殊印刷や、デザインのみのご依頼も承っております。お気軽にご相談ください。

まずはお問い合わせください
Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial